出前セミナー Feed

2019年6月27日 (木)

出前セミナーに行きました(鳥取緑風高校)

これだけは知っておこう!
アルバイトをする時のルール

【対 象】 定時制 1年生 (3・4年生も6名出席)
      昼間部 生徒33名、先生4名 (計37名)
      夜間部 生徒 5名、先生1名 (計 6名)

【日 時】 2019年6月25日(火) 12:50~14:30(昼間部)17:45~19:20(夜間部)

【場 所】 鳥取緑風高校

【担 当】 みなくる鳥取 労働・雇用相談員 鈴木直子

主に1年生を対象に、アルバイトをする時のルールについてTHE社会人の小冊子を使って学習した。よくある労働トラブル事例を〇✖クイズを取り入れて解説しました。

Dscn0971

Dscn0975

アンケートでは「初めて知ったことや、何となく知っていることが詳しく分かってよかった」とか「バイトをするだけでも色々なルールがあることが分かった」などの感想がありました。既にアルバイトをしている生徒も数名おられ、「契約書もらっていない」とか「出退勤を指紋認証でやっている」など様々な職場で働いてることがわかりました。

Dscn0996_2

今日の知識をすべて覚えなくてもいいので、「あれ?おかしいな?」という感覚を身に付けてほしいと思います。また、一人で解決しようとせず、困ったことがあったら、気軽に早めに相談してほしいと思いました

2019年6月 3日 (月)

出前セミナーに行きました(国立米子工業高等専門学校)

「知っておこう!働くときの法律」 No.2

【対 象】 学生55名  教授1名

【日 時】 2019年 5月 30日(木)   10:30 ~ 12:00

【場 所】 国立米子工業高等専門学校 講堂

【担 当】 みなくる米子 労働・雇用相談員 新井英津子

前半は、出産と育児の制度と給付について説明。労働法の基本を穴あき問題にし、回答。

Dscn0847

後半は「トラブルに合った時どうすればいいのか」をテーマに、、アルバイトで経験した事や友人から聞いたことなどを出してもらい、法律はどうなのか、どうすればいいのかをグループで話し合ってもらった。

Dscn0856

セクハラもあったようなので、最後に、ハラスメント(パワハラ、セクハラ)について説明。

コミュニケーションの大切さも認識してもらえたのではと思う。

Dscn0853

これから社会に出た時、自分たちだけでは難しい問題は専門家に相談するよう何度もアドバイス。参考になれたならと思います。

2019年5月28日 (火)

出前セミナーに行きました(国立米子工業高等専門学校)

「知っておこう!働くときの法律」 No.1

【対 象】 学生53名  教授1名

【日 時】 2019年 5月 23日(木)   10:30 ~ 12:00

【場 所】 国立米子工業高等専門学校 講堂

【担 当】 みなくる米子 労働・雇用相談員 新井英津子

最近は、パワハラもそうだが、人手不足で辞めたいけど辞めさせてもらえないと言ったトラブルも多くなっています。

これから社会に出る生徒さんが辛い思いをしないよう、少しでもトラブルが防げるよう、「働くときの法律」はどうなっているのか、ブラックバイトや実際の相談事例をもとに、○×クイズをしながら勉強しました。

アルバイトでも法律で守られていると言うことを分かってもらえたのではと思います。

Dscn0815

また今回は、働き方改革により70年ぶりに労働基準法が改正となったので、特に直接かかわってくる年次有給休暇の取得義務や残業時間の上限について詳しく説明。休みについては皆さん関心が強かったようです。

Dscn0826

働く人だけが入れる社会保険制度については、それぞれにどんなメリットがあるのか、加入要件はどうなっているのかを説明。

Dscn0821

今日の講義は、労働法の基本的な物でした。就活の参考にもなればと思います。

次週は、トラブルに合った時どうすればいいのかを考えてもらえたらと思っています。

2019年1月31日 (木)

出前セミナーに行きました(鳥取短期大学)

知っておこう働く時のルールとトラブル対処法 
「働くことって?」「労働法とは?」

【対 象】 国際交流学科 1年生35名、 先生1名、学校関係者1名 (計37名)

【日 時】 平成31年1月31日(木) 14:45~16:15

【場 所】 鳥取短期大学

【担 当】 みなくる倉吉 労働・雇用相談員  中村 広美

これから社会へ出る生徒さんへトラブルを少しでも防ぎ、有意義な職業人生が送れるように、まずは「働くことって?」「労働とは?」と題し、さまざまな人とのコミュニケーションや協働についてお伝えし、働く仲間と気持ちよく働けるように労働法のポイントについてお話しさせていただきました。

Dscn0895よくある労働トラブル事例を〇×クイズを取り入れて解説しました。特に労働条件通知書の大切さについて理解していただき、「きちんと保管しておこうと思う」「将来役に立つ情報だった」との感想が多く聞かれ、嬉しく思います。ハラスメントに関する内容に対しては、特に真剣に話を聞いて下さる表情が印象的でした。

Dscn0898

また、何かあれば労働に関する相談ができる場所として、「みなくる」を知ってもらい、身近な若者の相談場所になれたらと思います。

2019年1月24日 (木)

出前セミナーに行きました(国立米子工業高等専門学校)

「知っておこう!働くときの法律」
~暮らしの経済・法律講座~

【対 象】 学生51名 県民10名  教授1名 (約 62名) 

【日 時】 平成31年 1月 24日(木)   10:30 ~ 12:00

【場 所】 国立米子工業高等専門学校 講堂

【担 当】 みなくる米子 労働・雇用相談員 新井英津子

県民の方も一緒に、これから社会に出る生徒さんがトラブルを少しでも防げるよう「働くときの法律」がどんなに大切なのか、ブラックバイトや実際にどんな相談が多いのか事例をもとに、○×クイズをしながら勉強しました。アルバイトでも法律で守られていると言うことを分かってもらえたのではと思います。

また今回は、法改正もあり年次有給休暇の取り扱いについて詳しく説明。休みについては皆さん関心が強かったようです。

働く人だけが入れる社会保険制度にはどんなメリットがあるのか詳しく説明。保険に入れる入れないでどんな違いがあるのか理解してもらえたのではと思います。

Dscn0778

最近は、人手不足で辞めたいけど辞めさせてもらえないと言ったトラブルが多くなっています。米子でも外国の方の姿を見るようになりましたが、ただでさえ職場でのコミュニケーションはとても大切な事なのに、さらにお互いの努力が必要だなと痛感しています。

Dscn0780

今日は、働く上での注意点ばかりを説明しましたが、働く職場があると言うことはありがたいことです。そこには信頼関係が大切。きちんと自分の義務を果たしたうえで、物事を主張して欲しいと思います。

今日の講義が、これから社会に出るみなさんにとって有意義なものであったなら幸いです。

2018年12月18日 (火)

出前セミナーに行きました(産業人材育成センター米子校)

「働くということは」
~社会人前教育~

【対 象】 自動車整備科 25名 教員 2名 

【日 時】 平成30年12月18日(火)  9:15-12:00

【場 所】 鳥取県立産業人材育成センター米子校

【担 当】 みなくる米子 労働・雇用相談員 新井英津子

働くという事をテーマに①「何故仕事をしなければいけないのか」について、これを機会にじっくり向き合い何を目標にするのかを考えてもらいました。

次に②「働く上で大切な事」では、会社の求める人材になるよう努力すること。

③「社会人としてのルールとマナー」では報連相が大切。自分ならどう工夫するか。

④今注目されている「職場の中でのハラスメント」では、きちんと理解すること、防ぐためにすることについて説明

⑤「貯金の必要性」

⑥「正社員とアルバイトの差」について説明。

Dscn0771

アンケートからも、社会保険の重要性や正社員とパートの差について、またパワハラの対応なども関心が強く勉強になったようです。これから本格的に就活が始まります。今日のことを参考に、今の自分にとって何が大切かを考え仕事を選んで欲しいと思います。

2018年12月 5日 (水)

出前セミナーに行きました(鳥取県立米子南高等学校)

職場のハラスメント
~パワハラ・セクハラ・マタハラって?~

【対 象】 学生150名  教授4名 

【日 時】 平成30年 12月5日(水)   14:45 ~ 15:35

【場 所】 鳥取県立米子南高等学校 別館

【担 当】 みなくる米子 労働・雇用相談員 新井英津子

これから社会に出て直面するハラスメントについて、生徒さんが少しでも辛い思いをしないようしっかり理解し、何に気を付けていけばいいのかをお話させていただきました。

Dscn0751・社会にはたくさんのハラスメントがあること。

・職場にはどんなハラスメントがあるのか。

・パワハラは、教育指導の場合は該当しない事。ビデオで理解。

・セクハラ・マタハラについて説明。

最後に、何に気を付け防いでいくのか、それでもダメな時はどうすればいいのか少しは参考になったのではと思います。

Dscn0754

Dscn0765

2018年6月28日 (木)

出前セミナーに行きました(鳥取緑風高校)

これだけは知っておこう!
アルバイトをする時のルール

【対 象】 定時制 1年生 (3・4年生も8名出席)
      昼間部 生徒38名、先生5名 (計43名)
      夜間部 生徒 2名、先生1名 (計 3名)

【日 時】 平成30年6月26日(火) 12:50~14:30(昼間部)17:45~19:20(夜間部)

【場 所】 鳥取緑風高校

【担 当】 みなくる鳥取 労働・雇用相談員 鈴木直子

主に1年生を対象に、アルバイトをする時のルールについてTHE社会人の小冊子を使って学習した。

よくある労働トラブル事例を〇×クイズを取り入れて解説しました。最初は興味を示していなった学生も、いろんなトラブル事例の話をすることによって、身近に感じるようになったと思います。

Dscn0689

Dscn0711

アンケートでは「バイトを始める前に聞くことができ、参考になりました」とか「今後別の場所で働くことになったら、気を付けたいと思います」などの感想がありました。

Dscn0731

今日の知識をすべて覚えなくてもいいので、「あれ?おかしいな?」という感覚を身に付けてほしいと思います。また、一人で解決しようとせず、困ったことがあったら、気軽に早めに相談してほしいと思いました。

2018年5月10日 (木)

出前セミナーに行きました(国立米子工業高等専門学校)

知っておこう!働くときの法律

【対 象】 学生49名  教授1名  計50名

【日 時】 平成30年5月10日(木) 10:30 ~ 12:00

【場 所】 国立米子工業高等専門高校 講堂

【担 当】 みなくる米子 労働・雇用相談員 新井英津子

たくさんある法律の中でも生活に直結した働くときの法律について、正しい知識があれば「おかしいな」と思っても言われるままではなく、トラブルを回避することが出来ると言うことを説明。

アルバイトでも法律に守られていると言うことを○×クイズをしながら具体的に勉強してもらいました。

Dscn0680後半は、とても関心の強い社会保険制度について、加入の要件や給付など、働く人が入れる保険にはどんなメリットがあるのかを理解してもらった。

女性には出産・育児の時の制度や給付についても説明。制度を利用し男性にももっと育児に参加して欲しいとお願いした。

Dscn0682

また、過重労働が問題となっている今、過労死ラインは80時間。自分でも気が付かないうちに長時間にならないよう、労働時間を管理するよう注意。

今日の講義で、少しでもトラブルが防げたらと願います。

2018年3月14日 (水)

出前セミナーに行きました(第一学院高等学校)

~社会に出たとき役立つ知識~
 働くときのルール

【対 象】 生徒4名 先生等4名 計8名

【日 時】 平成30年3月13日(火) 10:30 ~ 11:10

【場 所】 第一学院高等学校鳥取キャンパス

【担 当】 みなくる鳥取 管理運営マネージャー兼労働・雇用相談員 中西紀夫

セミナーは小冊子「働きはじめるあなたへ」を用いて、働くときの約束事、労働時間や休日、休憩、時間外手当、有給休暇のことや、辞めるときのルール、ハラスメントにどう対応すればいいかなどQ&Aも交えながら説明していきました。受講された生徒さんは少人数で、なじみのない語句にとまどわれたところもあったと思いますが、熱心に聞いていただいた生徒さんもあり、終了後に質問にこられるなど、手ごたえを感じたセミナーでした。

Dscn0615アルバイトや就職されたときに、今日のセミナーの内容や、働く人の相談場所があることを覚えていただき、元気に働いていかれることを願っています。